ペット葬儀の種類が知りたい!立会葬以外の葬儀方法

ペット葬儀にはどういった葬儀があるか知ろう

ペット葬儀は立会葬の他にどのような葬儀方法があるのでしょう?ここでは、立会葬儀以外のペット葬儀を紹介していきます。愛犬の為、きちんとした葬儀を選ぶのも飼い主のお仕事です。では、ペット葬儀の種類を確認してみましょう。

立会葬以外にもこんな葬儀がある

合同葬儀
合同葬儀は、他の家庭で飼われていたペットと一緒に行われる葬儀です。ペット葬儀の内容は、読経の後、火葬になります。合同葬儀の場合は、火葬の立会やお骨を上げることが出来ません。そのため、遺骨は、他のペットと共に合同供養塔や共同墓地に納骨埋葬されます。
一任葬儀
一任葬儀は、ペット葬儀の業者に依頼をして、愛犬の葬儀を全てペット葬儀業者にやってもらうものです。ペット葬儀を依頼すると、自宅まで愛犬の遺体を引き取りに来てくれます。一任葬儀の場合も、火葬の立会やお骨を上げることが出来ません。
自宅葬儀
自宅葬儀は、ペット葬儀の業者が自宅にきて、葬儀の全てを行ってくれるものです。家族はもちろん、友達やペット仲間などを呼んでお別れをしてもらうことも出来ます。読経の後、火葬車で愛犬の火葬を行い、お骨上げが出来る葬儀です。

自分たちで埋葬することは出来るの?

愛犬を火葬しないで埋葬することも可能です。その場合は、土葬となり愛犬の遺体を土の中に埋めます。自宅の庭に埋葬する方が多いようです。愛犬の遺体は、公共の場に埋めることは法律上出来ません。また、火葬をしていない愛犬の遺体を埋葬する際は、埋葬する穴を1m以上深く掘るようにして下さい。なぜかというと、遺体の臭いで近隣の迷惑になる可能性がありますし、またせっかく埋葬したのに臭いでカラスなどが荒らしに来ることもあるからです。きちんと愛犬を供養したいと考えているのであれば、ペット葬儀を行っている業者に依頼しましょう。ペット葬儀業者では、葬儀プランが選べる他、要望に応じた内容のプランを提案してくれるので安心です。

TOPボタン