ペット葬儀の中でも多くの人が利用する立会葬について

立会葬を行うなら知っておきたいこと

笑顔の女性

愛犬の葬儀に立会葬を希望しているなら、ペット葬儀に依頼する前に、事前に知っておくべきことがあります。ここでは、立会葬を行うにあたって確認しておくべきことを紹介していきます。事前に確認しておくことで、立会葬がスムーズに運ぶので、参考にして下さい。

立会葬とその他の葬儀方法はどう違う

立会葬を行おうと考えていますが、他の葬儀方法との違いって何ですか?
立会葬は、飼い主や家族と一緒に立ち会いながら個別に遺体を火葬し、その後お骨あげを行えるペット葬儀です。また、立会葬の場合、遺骨は希望があれば自宅に持ち帰ることも出来ます。他の葬儀の場合は、他のペットと合同で葬儀が行われるようです。ですが、火葬に立ち会えない上、お骨上げも行えません。遺骨は、共同墓地などに埋葬されます。

ペット葬儀にかかる費用っていくら

ペット葬儀にかかる費用の平均相場は、『小型犬の場合2万~3万円』『中型犬の場合3万~4万円』『大型犬の場合4万~6万円』となっています。また、各葬儀プランによってもその費用が異なるので、ペット葬儀を行う際は、事前に見積りを出してもらって、ペット葬儀を検討しましょう。さらに、複数のペット葬儀業者に見積りを依頼して比較することも大切です。

火葬された遺骨を供養する方法について知っておこう

火葬した愛犬の遺骨を供養する方法は、いくつかあります。オーソドックスなのは、ペット霊園に納骨する方法です。この場合、納骨堂や個別の墓地、合同供養塔などに納めて供養します。その他、自宅の庭に埋める方法や、海や森に散骨する方法もあるようです。最近では、家族で遺骨を分けて各自で、保管供養する人も多くなっています。その飼い主が定期的に愛犬のことを思い出し供養しやすいスタイルへと変化してきているようです。

TOPボタン