愛犬が亡くなったらペット葬儀~立会葬で最後のお別れ~

亡くなった愛犬を天国に見送るならペット葬儀

犬

大切な愛犬が亡くなった場合、ペット葬儀を行うことが一般的になってきました。ペット葬儀は、愛犬を最後まできちんと見送ることが出来る為、多くの人に利用されています。用意されている葬儀方法にはいくつか種類があります。納得のいく方法を選び、家族みんなで大切な愛犬を見送りましょう。

ペット葬儀を行うなら立会葬

家族一緒に愛犬を見送りたいというのであれば、立会火葬を行いましょう。立会火葬は、愛犬を個別で火葬したのち、家族みんなで遺骨を拾い骨壷に入れていきます。この方法は、人間の場合とほとんど同じです。大切な愛犬をきちんと見送りたいと考えている方におすすめしている方法になります。業者に依頼する前に、依頼の流れを把握しておきましょう。

立会葬を依頼した時の流れ

ペット葬儀の業者に依頼

ペット葬儀には、複数のプランが用意されています。プランを確認しても分からない場合は、『家族みんなで見送りたい』など、どのようにペット葬儀を行いたいのかを伝えて依頼しましょう。ここでは立会葬を依頼します。

ペットを納める車が来る

立会葬でペット葬儀を依頼すると、自宅に火葬車を呼ぶことも可能です。その場合は、愛犬とその場でお別れになります。また、ペット葬儀の会場で火葬する場合、車を持っていない方は搬送車を依頼することも出来るので安心です。

指定した日に火葬を行う

依頼の際に決めた、規定日に火葬を行います。立会葬で火葬する際には、花や一緒に遊んでいたおもちゃなども入れることが出来るので、一緒に入れる場合は持っていきましょう。また、注意として金属やプラスチックは、入れることが出来ないので注意して下さい。

納骨と供養

返骨を希望する場合は、愛犬の遺骨を受け取り、家族で納骨する場所を決めます。納骨や供養の方法が決まらない時には、一定期間ペット葬儀の業者が預かってくれることもあるので、確認してみましょう。返骨を希望しない場合は、ペット葬儀の業者が責任を持って納骨室で供養してくれます。

愛犬の葬儀の前にしておきたいこと

愛犬が亡くなった後は、ペットロスで気持ちが塞ぎ込んでしまうでしょう。しかし、亡くなったペットは、足やお腹、頭の順に次第に硬直していきます。愛犬の遺体を、そのままにしておくと死後硬直がはじまり、棺桶に入らなくなることもあるので、亡くなった後はできるだけ早く安置してあげるようにして下さい。

用意するもの

愛犬の棺桶

愛犬の棺桶は、市販されているものもあります。しかし、特にこだわりが無ければ、段ボールなどでも大丈夫です。

敷物・毛布

棺桶の底に敷く敷物は、防水シートやビニールシートが向いているようです。また、毛布は愛犬にかけて上げるものになります。この時、化繊などのタオル製品には注意が必要です。化繊などのタオル製品は、火葬する際にダイオキシンが発生する可能性があるので、確認してから準備して下さい。

保冷剤やドライアイス

愛犬の遺体を冷やす為に使います。

副葬品

愛犬の好きだったおもちゃやお供え用の花などの副葬品を一緒に入れることが出来ます。

暑い時期はドライアイスを使用する

夏場や暑い時期は痛みが早くなってしまいますので、ドライアイスを使って冷却しましょう(ペット葬儀業者)

ジメジメした梅雨時期や暑い夏場などは、遺体の傷みが早いです。そのため、立会葬までの間は、保冷剤やドライアイスで傷みの進行を抑えておく必要があります。その際は、特にドライアイスがおすすめです。暑い夏場でも、20~30時間保つので、効果的に遺体を保存することが出来ます。遺体を冷やす際は、お腹周りを中心に身体全体が冷えるようにドライアイスをセットするようにして下さい。

保健所に届け出を提出する

柴犬

愛犬が亡くなった時には、保健所に『鑑札及び狂犬病注射票』を提出して、『飼い犬登録の抹消』を行わなくてはいけません。また、血統書付きの愛犬の場合、登録している団体にも、愛犬が亡くなったことを連絡して、手続きを行います。

TOPボタン